快適な睡眠と安眠の館TOP > 睡眠の方法 > 不眠症の薬について〜睡眠薬

不眠症の薬は安全

 

不眠症の薬、いわゆる睡眠薬は、現在はとても安全なものとなっています。

一昔前だと、睡眠薬を使って作家が自殺したり、必要量以上を服用すると命に関わることもありました。そのため今でも、とても危険な薬というイメージが根強くあります。

しかし専門家に言わせれば、不眠症の薬は、アルコールよりも安全だといいます。お酒は量が多くなるとアルコール依存症になったり、睡眠の質を悪くします。つまり眠りを浅くしたり、夜中に目覚めやすくなります。これでは、かえって睡眠障害を助長してしまいますよね?

現在の不眠症の薬は、昔とは違った種類となっています。
昔はバルビタール系のもので、覚醒中枢がある間脳に直接働きかけていました。ここは生命維持装置とも呼べる場所であり、バルビツール系の睡眠薬の量をオーバーすると呼吸抑制が起こったり、血圧が低下するなどの危険な症状を伴ったのです。

それに対して現在使われている不眠症の薬は、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤。これは、感情が発する元である大脳辺縁系の興奮を鎮める働きが主体。生命維持装置には関与せず、気分を落ち着かせるための薬ですから、害があるわけがありませんよね?アルコールによってストレスを解消して、寝酒として活用するよりも、ベンゾジアゼピン系の薬のほうが、安全に快適な睡眠を得られるのです。

 

ただ、いくら安全な不眠症の薬だといっても、量が多すぎると薬剤依存性がついてしまうので要注意です。不眠になっている期間に限って使用するぶんには安全ですが、漫然と服用していると薬を手放せなくなり、薬物依存性睡眠障害になることもあるということです。そうなると離脱(禁断)症状が現れることにもなります。ドクターショッピングをせずに、医師の指示にきちんと従って服用すれば、まずこのようなことはありません。

不眠症の薬は、基本的には医師の処方箋が必要です。
しかし市販されている睡眠薬もあります。グッスミン、ドリエルという商品名で知られています。これらの市販の薬は、抗ヒスタミン剤や漢方の生薬を含んでいたりします。

その作用は、神経の興奮を鎮めたり、筋肉の緊張を解き、血流を促進するような穏やかなものとなっています。それによって、眠るための準備を整えるわけですね。もし、市販の不眠の薬を1ヶ月服用しても改善しないときは、心療内科や睡眠専門のクリニックを受診することをおすすめします。

快適な睡眠方法の秘訣はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら