快適な睡眠と安眠の館TOP > 睡眠の方法 > 寝不足にツボ指圧は効く?

寝不足に効くツボはある?

 

寝不足にツボ指圧は、果たして効果的でしょうか?

結論から言うと、睡眠不足をほかの方法で補うことはできません
眠りというものは、栄養や運動と違って、完全に「自給的」なものです。栄養は点滴でも補えます。運動も電気的筋肉刺激(EMS)というものがあります。しかし眠りというものは、眠ることでしか充足できないのです。安眠サプリや点滴、ツボ指圧では、寝不足を補うことは不可能です。

寝不足に効くツボ指圧はありませんが、安眠できるツボというものは存在します。おそらく、安眠のツボを押すと自律神経が刺激されて、脳内の興奮が鎮まることが考えられます。

以降、寝不足のツボと表現しますが、これは押すだけで寝不足が解消されるということではなく、押すことで快適な睡眠を取れるようになり、その結果、睡眠不足が解消されるという意味になります。

 

寝不足のツボは、耳の後ろに「安眠」という名前の箇所があります。
このあたりは、人差し指で押しますが、少し押すだけでも痛みますよね?それだけ神経過敏な場所なので、軽く押しましょう。耳の後ろの大きな骨の下あたりです。

そのほか手の中央部にも、寝不足に効くツボはあります。
ここは労宮(ろうきゅう)といいます。ゆびを自然な感じで軽く折り曲げたとき、中指と人差し指の先の、ちょうどまんなかにあります。頭脳線の中央部でもあります。ここを反対の手の親指を使って、上へと押し上げるようにグッと押します。すると、かなりジーンとした痛みを感じるはずです。ここは全身の疲れ(労)が集まっている(宮)ということで、指圧するだけでその日の疲れが取れます。その結果として、快適な睡眠が取れるのです。

同様に、足の裏にも寝不足に効果的なツボがあります。
足の裏の中央部から、やや上辺りに湧泉(ゆうせん)というツボがあります。よく考えると、手と同じような位置関係の箇所です。ここを両手の親指2本を使って上の方に押し上げます。ちょうど骨の端ですね。力がない人は、すりこ木を使ってもいいでしょう。また青竹踏みの要領で、自分の体重を利用して刺激してもいいでしょう。ぐっすり眠れる効果が期待できます。

足の裏の湧泉を刺激するついでに、足の親指も刺激しておきましょう。
ここを手でつまんでグリグリまわしたり、親指の腹を刺激したり、親指の爪の生え際を押してもいいでしょう。親指は脳と関係が深いので、ホルモン分泌や自律神経の調整に役立ちます。ウォーキングをすると、おのずと親指を使うので、脳が活性化されるのです。ちなみに親指の付け根は首に相当するので、ここを刺激すると、肩こりや寝違いの解消に役立ちます。

快適な睡眠方法の秘訣はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら